お薦め

出来高増加率

「出来高増加率」とは文字通りに解釈すれば、
「出来高」が増加した比率のことです。

ではそもそも「出来高」とは何でしょうか?
証券取引所で売買された株の数を「出来高」または「売買高」といいます。
人気が出たり、注目度が上がるほど、出来高は増えていきます。

市場全体の出来高が増えているときは、
「相場が活況をみせている」、「大商い」などと表現されます。
さらに出来高が増えると「過熱気味」と表現されます。
株価は出来高を増やしながら、ピークへと向かっていきます。

さて、「出来高」が多いということは、取引が活発に行われたことを示します。
この場合は、大きく2パターンの相場に分けられます。
買いの注文需要が売りの注文供給を上回り、
かつさらなる「株価上昇」が期待出る強い相場。
もしくは売りの注文供給が買いの注文需要を上回り、
かつさらなる「株価下落」が予測される弱い相場です。

株価が上昇するにしても下落するにしても、
それを先回って読むためには「出来高」に注目する必要があるわけです。
ちなみに出来高の少ない株は、
証券取引所の規定によって、上場廃止になることがあります。

長い間、出来高が小さかった銘柄が、出来高が大きくなった場合は、
たいてい株価が急騰していることが多いと言われています。
その後、出来高が小さくなる場合は、たいてい株価は急落していることが多くなっています。
そのため、株価の値動きだけでなく、出来高も同程度重要視する投資家は多くいます。

また「ボリュームレシオ」というものがあります。
ボリュームレシオは計算に出来高を使用し、
上昇時もしくは下降時の出来高がどれだけあったかを示し、
売られ過ぎ、買われ過ぎの水準を見るための指標です。
このような指標などでテクニカル分析の材料として出来高を見ていくことになります。

さて、このような「出来高」ですが、
各銘柄の市場での注目度を知る目安になりますが、
値嵩株(値段の高い株式)と低位株(値段の低い株式)とでは単純な比較ができないため、
「売買代金」の方が実態を表す場合もありますのでご注意ください。