お薦め

単元株価価格上位

単元株価格上位とは、
「単元株」1つあたりの値段が高いものを順に表した内、
上位にあるものです。
単元株とは、銘柄ごとに決められている最低売買単位のことです。

1単元は最大1000株というルールがありますが、
それ以外については会社が自由に決めることができます。
1単元を設定した理由としては、
以前は株数が多く株主の管理コストがかかっていたためです。

そこで1000株など一定の株数を単元株とし、
1単元株あたりでひとつの議決権を行使できるようにしました。
ちなみに1単元あたりの株数を小さくすれば、
それだけ1単元あたりの必要投資金額が小さくなるため、
投資家の売買をより円滑にすることができるというメリットがあります。
一方で、1単元を過少にしすぎると、
会社側としては株主管理がより煩雑になるというリスクもあります。

単元株歴史は2001年に始まります。
2001年10月1日に施行された商法改正で、
単位株制度に代えて単元株制度が創設されました。
もともとあった単位株というものを土台にして「単元株」は生まれたわけです。
そして売買単位を意味する単位株という呼び方も、単元株に変更となりました。

額面株式は廃止され、発行される株式は無額面株式のみとなりました。
かつて株券には「額面◯◯円」と書かれていました。
「額面」とは株式を発行する時に決めた金額です。
これを廃止して、無額面株式では「総発行株数の中の◯株」のように記載方法を変えたということです。

単元株制度は、売買単位の引き下げを目的として導入されました。
株式への最低投資金額を引き下げることで、
個人投資家が少額の資金で投資できるようにするというものです。
例えば、最低売買単位を1000株から100株に変更すると、
投資家は従来の10分の1の金額で株式を取得できるようになります。

したがって売買単位の引き下げにより、
多くの個人投資家が資金を株で運用するようになれば、
株価の下支えになると期待されています。

しかし、少額投資の個人投資家が増えることで、
事務手続き、費用など企業の負担も多くなるなどの問題点があるため、
売買単位を引き下げない企業も多いようです。